生活

2010年12月27日 (月)

アメリカで日本の本を読む

近況はもっぱらtwitterの方なので、こちらは放置してます。

今日はこちらで日本の本を読む方法をまとめてみようかと。
一番単純な方法はamazon.co.jp注文して友達や実家に送って、そこからアメリカに送ってもらうという手段ですが、これは何回も頼むのも悪いのでとりあえず置いておきます。
amazon.co.jpから海外に直送も出来ますが、送料高いです。

次がfujisan.comを利用するという方法。本に限らず色々な物を扱っています。書籍は感覚的に日本で買う時と比べて1.5〜2倍位の値段でしょうか。古本も扱っているみたいなので上手く行けば安く買えるようです。
この値段なら近くに紀伊國屋書店があればそこで買っても同じ値段くらいでしょう。BerkeleyからだとSFの日本町やサンノゼあたりのミツワに紀伊國屋書店はあります。

次の方法は、今年注目をあびたスキャン代行サービスを利用する方法です。
iPadが発売、kindle3が日本語対応し、SONY Readerが日本でも発売、SHARPがGARAPAGOSを発売するなど、日本でも盛り上がりだしている電子出版ですが、それに合わせて、本をスキャンしてPDFにしてくれるサービスが出てきました。
本をスキャン代行サービス会社に送ると、裁断、スキャンをしてPDFまたはjpgファイルで受け取ることが出来ます。文庫本くらいのページ数だとだいたい一冊100〜150円からやってくれる会社があります。代行サービスを比較しているページもありますが、このサービスは過渡期なので新しい情報を仕入れる必要はあります。
実際の手順としては、
スキャンを申し込む→amazon.comや楽天ブックスで注文して送り先を代行サービスにする(直送に対応していない会社もあります)
で、PDFが手に入ります。あとはそのPDFをiPadなりKindleなりで読む。PDFなので、電子書籍を直接読む場合と比較すると綺麗さや操作性は落ちますが、十分実用的に読めます。
場所も取らず、非常に楽です。欠点は普通はPDFのリーダーが必要になるので、その分の出費がかかるというところでしょうか。Kindleの一番安いもので$138くらいです。
場所を取らない、(リーダーの出費を考えなければ)安いという利点はかなり大きいと思います。

こちらに来るときに文庫本を中心に150冊くらい処分してきたのですが、まだ専門書を中心に50冊くらい実家に残ってます。日本に戻ったらすべてスキャン代行サービスに送って電子化してしまおうかと考えています。

2010年10月31日 (日)

二回目のハロウィン

10/31はハロウィンで、今年はちょうど日曜日に当たっていました。
自転車で走っていたら仮装した人々も沢山歩いていて、おそらく学校や近所ブロックでパーティーをやっていたかと思われます。
金曜日に研究室でもパーティーをしました。これは研究室というよりももはや建物全体のパーティーとして知られていて、今年で11回目らしいです。なので一部ではハロウィンパーティーの研究室として知られています。
Dscn0014
かぼちゃランタンも自作。この日は昼頃から準備を始めて、夕方からパーティー開始。実験台の上の物はすべてしまって、シートを張って、実験機器類も部屋の隅の方へ移動させます。
Dscn0026
ランチルームに所狭しと集まる人達。
Dscn0033
研究室内も人でいっぱい。
Dscn0032
廊下まで溢れます。

今年はサンフランシスコの日本町まで行って浴衣とおもちゃの刀を仕入れてきました。
日本町の一番館で売っていてそれほど値段もしなかったので。

サンクスギビング-クリスマスと続くホリデーシーズン間近です。
研究室では夏は半分くらい休みを取らなかったのですが、このシーズンはみんなどこかで1〜2週間位休みを取ります。

2010年8月28日 (土)

近況

寒いです。日本は暑いようですが、こちらは寒いです。
朝晩はサンフランシスコから対岸まで霧がかかるので気温が上がらないのですが、今年は特に気温が低いらしいです。先週の初めは暑い日もありましたが、基本的には最高気温は25℃を越えません。
サンフランシスコはもう少し寒いらしく、同僚は暖房を入れようか悩む日があったらしいです。8月なのに。

さて、研究の方はぼちぼち進めているわけですが、海外学振の結果が帰ってきました。結果、面接に呼ばれました。それほど業績があるわけではないので、ある程度申請書の内容が評価されたのだと思いますが、どの点が評価されたのかはわかりません。内容的には新しい技術を使って解析を行う+日本ではまだ難しいというのをアピールして書いたのでその辺りかとは思いますが。
申請書としては文字を出来るだけ大きく、行間も考えて、図を入れてという基本的な形を踏襲して書いてます。ちょっと工夫して時間かければ大分読みやすくなるので。

面接は東京。旅費はもちろんでないですが。ヨーロッパのフェローシップを受けていた同僚ポスドクはインターネット経由で面接をしていました。10分の面接のために海外から日本の帰るとお金はまだしも、時間まで無駄にかかってしまうので、このあたりは学振関係者の方々はインターネット経由の面接も考えてもらいたいところです。面接に行くための時間を研究に使えるわけですし。

と、書いてきましたが、面接は辞退しました。日本での職がほぼ決定しそうで、来年の3月には帰国する予定です。まだこちらで仕事を形にしていないのでかなり迷ったのですが。いろいろタイミングですね。残り半年で最低でも仕事を形にするメドを付けるようにしないといけない今日この頃です。

2010年6月 9日 (水)

アメリカでワールドカップ日本戦をみる準備その2

いよいよ後一日と少々でワールドカップ2010が始まります。
先日、酵素を買いにストックルームへ行ったらなぜかストックルームにワールドカップの試合スケジュールが印刷された紙がおいてありました。
いつも品物の場所を聞いても最小限の答えしか返してくれない強面のストックルームのおっちゃんにこれは何だと聞いたら非常に嬉しそうでした。
「どこを応援している」
「カメルーンはタフな相手だ」
「試合スケジュールを調べるにはこのサイトがいい」
などなど話していました。酵素を持っていたので早くラボに戻りたかったのですが。
そんなストックルームのおっちゃんのおすすめのテレビスケジュールを調べるサイトはWorld Cup 2010 on TVらしいです。もちろんアメリカだけですが、アメリカ内の時差にも対応。ESPN3の表示は東海岸の時間なのでこっちのサイトを使って時間を調べておいてESPN3で見るのが一番いいようです。ESPN3での放送開始は試合の30分前からの様子。

ランチルームに置いてあった、出場32カ国紹介の雑誌をちらっと見たのですが、日本は長所:ボールが回せて人が動くことが出来る 短所:決定力 とありました。わかってらっしゃる。

2010年5月29日 (土)

アメリカでワールドカップを見る

もうすぐワールドカップが始まるわけですが、どうやって試合を見ようか色々思案中です。
アメリカではサッカーは見るよりもするスポーツな感じですね。南カリフォルニアとかラティーノの人達が多い地域に行けば少し違うのかもしれませんが、テレビ放送はあまり見ないです。たまにMLS、メキシコリーグをスペイン語放送で放送しているようですが。
後は色々な国から人が来ているので、公園で小さいゴールを置いてやっているのを良く見かけます。

調べた結果、テレビ放送はABCで土日は一試合だけ放送する様子。このため、金曜土曜で行われる準々決勝の金曜分、火曜水曜で行われる準決勝の無料放送は無いと思われます。というかアメリカ代表の試合も初戦のvs Englandのみ放送予定。
後はESPNで全試合放送をするらしいです。もちろんゲーブルか衛星の加入が必要な有料放送ですが。

KeyHoleTVでは接続が殺到して見られないことが予想されます。どうしたものかと思っていたら、前述のESPNでESPN3というところで無料インターネット放送をしてくれる事を発見。今のアパートは高速回線では無いので画質はあまり良くないですが、ボールの動きが追えるくらいの画質で見れる事は確かめました。とりあえずこれでなんとかワールドカップの日本戦は見られそうです。後は、日本戦の時間ですが、pacific timeでの放送開始時間はおそらく
6・14 6:30 対カメルーン
6・19 4:00 対オランダ
6・24 11:00 対デンマーク
となっている様子。もちろん午前。オランダ戦は少し起きるのがつらいのとデンマーク戦は平日昼間というのが難しい。
ESPN3では親善試合もちょくちょく放送しているので、各国の親善試合も見ながら楽しんでいければいいなと。この前の日韓戦も見ましたが、この試合についてはノーコメントで。

2010年5月23日 (日)

自転車通勤

運動不足になりがちなので、自転車通勤を始めています。
バークレーでは5月にもなると雨が降る日が少なくなり、夜も8時位まで明るいので、毎日気持ちよく往復しています。
だいたい家から学校までが5 kmくらいで30分弱くらい。メリットは
・健康的(と感じる)
・バスより早い。帰りはバスを待つ時間が無いので特に早い
デメリットは
・行きは緩い登りが続くので少々疲れる
・天気予報を気にする
といったところでしょうか。
自転車専用レーンがあるなど、自転車が走りやすい道路になっているのは非常に助かります。


2010年5月 8日 (土)

自転車が盗まれました

二週間ほど前にアパートの前に止めておいた自転車が盗まれました。ロックをしていた(はず)なのですが。ラボの学生とその話していたら彼は一年で二度盗まれたとか言っていたので、外に長期間止めていたのはやはり危険な様子。
自転車がないと買い物、洗濯に行くのも一苦労なので、諦めて中古を購入。車体+サドル新品+Uロックで約$250の臨時出費。もう盗まれるのは嫌なので今回はアパートの中に入れるようにしました。
中古の自転車を買いに行ったのはここ。yelpでの評判も良いのでバスを乗り継いで行ってきました。中古でもフレームは古いけどその他の部品はほぼ総とっかえで調整されているので状態は非常にいいです。ようやく雨が降るシーズンが終わり、9、10月までほとんど雨が降らないらしいので自転車通勤を検討中。だいたい30分位かかるけど、それでもバスとか電車よりも5分程度早い。行きは上り坂で少し辛いけど、帰りは下りで今のシーズンは夜の8時くらいまで明るいし、バスだと行きはいいとして帰りに時間が読めないので。

2010年4月14日 (水)

一時帰国

先週少し休みをもらって日本に帰っていました。
バークレーからサンフランシスコの空港まではBARTで一時間程度。これくらい近いと楽です。日本の感覚だと東京都心から羽田くらいの感じです。乗り換えが無いのでそれより楽なくらいです。
サンフランシスコから成田が11時間、逆は9時間弱です。どの航空会社の便を選んでもサンフランシスコ発が午前から昼で成田着が夕方。逆は成田夕方発でサンフランシスコ着は午前となります。飛行機で寝ることが出来る人にとっては成田からサンフランシスコの方が時差に合わせやすいでしょうか。

日本ではちょうど桜が満開で都内某所の大学に桜を見に行きました。学部3年でキャンパス移動があったので、こちらのキャンパスには実質2年ほどしか通っていないのですが、ここが一番母校という感じがします。
曇で寒い日だったのですが近所の方々、学部生が沢山花見をしていました。沢山と言ってもいわゆる花見の名所のような混み方はしないのでゆっくり花見をすることもできます。

Dsc00342

2010年3月23日 (火)

こちらでの医療保険

去年の年末に上院を、この前の週末に下院を医療保険制度改革法案が通過しました。
御存知の通りアメリカには国民皆保険制度が無く、15%の人が無保険だという状態でした。この法案も”実質”国民皆保険制度なので、国が保険制度を運営するわけではなく民間の保険会社へ加入するための補助という形になるみたいなので、将来的に形骸化しないかは心配ではありますが。
しかし何故アメリカ国民は国民皆保険制度に反対するんでしょうか?保険までも国が管理すると共産主義的なイメージでそれを嫌うという話ですが、日本人にはいまいちピンときません。

皆保険でないので、ポスドクも保険に入るのですが、だいたいどこの大学でもポスドク向けの保険が用意されている様です。各大学どころかおそらく学部で決め事が違ってくるのですが、少なくてもUC BerkeleyのDep of Molecular & Cell Biologyではポスドクを雇用するボスが家族の分を含め保険料を持つようになってます。自分の研究費で雇う場合だけでなく財団から給料持ち込みの場合も出してくれています。
かかりつけ医を決めなければならないHMOとか日本の感じに近いPPOとかいろいろプランがあるのですが、PPOにするといくらか自己負担分も出るようになっていたと思います。
この辺のプランって日本から行ってすぐに理解出来るかというと出来ないんですよね。幸いにしてまだ病院にかかるような病気にはなっていないのですが。

2010年2月14日 (日)

テレビでスポーツ観戦

冬季オリンピックが始まりましたが、アメリカではそこそこの話題です。
始まる前はそこそこオリンピックのCMが放送されていて、この土日は結構長い時間競技が放送されています。びっくりしたのが、あまりライブで放送しないということ。開会式すら時間差で放送されてました。
後は当然と言えば当然ですがアメリカの選手中心の編集で流されています。

スポーツイベントとしては先週終わったNFLのSuper Bowlがダントツすぎるので、あまり盛り上がっていない様に見えるオリンピックも相対的に見れば、かなり扱いはいいのかもしれません。Super Bowlは別格で、先週の日曜日はスーパーでも買い物に来ている奥様がたが「今日はSuper Bowl見る?」という会話をする位です。
多様化したアメリカで毎年40%の視聴率をたたき出す(観戦パーティーを行う人達が多いので実際はもっと沢山の人がみているらしい)のはこのイベント位なので、ハロウィンの仮装パーティーやサンクスギビングと同じような生活の中の文化の一部と言った感じがします。

MLBのワールドシリーズは放送されてましたが、全米で盛り上がるかと言われるとそうでは無いです。今年はヤンキースだったので、NYでは盛り上がったのでしょうが、こちらでは全くです。SFジャイアンツが強ければまた違うのかもしれませんが。個人的には松井の活躍をアメリカで見れたので大満足だったのですが。

その他のカテゴリー

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ