« 研究室旅行 | トップページ | シークエンスデータの解析 »

2010年1月31日 (日)

英語の話

こちらに来て約4ヶ月経つわけですが、英語には悩まされ続けています。
特に日本にいる時から対策を立てておかないと半年から一年くらい英語でいろいろ不自由を抱える様子です。
来た当初に比べるとだいぶ聴けるようにはなってきている(はず)なのですが、まだまだ一回聞いただけでは分かりにくい、早口で話されると分からない、多様な話題にはついて行けない等々難しいことだらけ。果たしてわかるようになる日が来るのでしょうか?
研究の話ができればいいと割り切れればいいのですが、ディスカッションをしていても話し始めはいいのですが、いろいろ意見を出し始めると周りはみんな早口で話すようになってくるので聞き取りにくくなる→話に入れないの悪循環がでてしまう。なので、全体的な英語力の改善はまだまだ必要なわけです。

ヨーロッパから来ている人たちは普通に英語は使えるし、中国からの人たちも英語は使える。英語があやしいのは日本くらいなんじゃないだろうか。おそらくヨーロッパの人たちは日常的に英語と自国語に触れながら育っているのだと思われます。海外に出る中国の人たちはかなり英語を勉強して来ている。もっと勉強しておくべきだったと思っても、大学院に入ってからはそんな時間なかったし、その前はこんなに必要になるとは思っていなかったり。

昼はもちろん周りは英語なのでいいとして、朝、夜もニュースを見るようにして英語を聞き取れる様になるよう努力はしているのですが。
日本にいる時からやっておけばよかったと思うことは

1:ニュースを聴く
インターネットを使えばいろいろなpodcastが聴けるのでもっと早い内から一日一時間でいいので聴いて鍛えておけばよかったと。

2:本を読む
一般的な語彙力が不足気味です。なので、自分の興味がある分野のペーパーバックでいいので電子辞書を引きながらでも読めば全体的な英語力の向上につながるのではないかと。

3:TOEICを受ける
自分の実力を客観的に知って、危機感を持った方がよかったかな。流石にTOEIC対策までする必要は無いと思いますが。

今更言ってもどうしようもないことですが、やっておいたら多少は違ったと思います。

« 研究室旅行 | トップページ | シークエンスデータの解析 »

研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/19472/47447936

この記事へのトラックバック一覧です: 英語の話:

« 研究室旅行 | トップページ | シークエンスデータの解析 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

twitter

  • twitter

最近のトラックバック

無料ブログはココログ